少年マガジン

あひるの空 ネタバレと感想

2019/9/8

あひるの空ネタバレ608話|流れ変わらず!焦りだけが加速する?

前回までのあひるの空 因縁ともいえる相手、横浜大栄高校とI.H準々決勝でぶつかった九頭竜高校。 先制以来、点を入れることが出来ないまま時間だけが過ぎて行きます。 九頭竜高校2点 横浜大栄高校15点―――。 クズ校メンバーとともに私たち読者にもじりじりと焦りが出てきていました。 そこで監督智久が取ったT.O。 クズ校の戦略は、大栄高校の「縦パス」を封じること。 たとえ点を取っても、8秒で点を返されては精神がもたないと智久は言います。 それはそうですね。 喜ぶ間もなく相手に点を返されるわけですから、何をしても ...

あひるの空 ネタバレと感想

2019/10/30

あひるの空ネタバレ609話!体力は無くとも技術はある!頼りになるクズ校C茂吉

前回までのあひるの空 I.H神奈川予選、準々決勝―――。 焦りばかりが目立った前回。 停滞したままのクズ校スコアを動かそうと、千秋からトビへボールが渡ります。 高い身体能力で横浜大栄高校のDFを凌ぎ、ゴールの裏からシュートを放つトビ。 しかし、ゴール下で百春を抑えた八熊がそれを阻みます。 そのまま八熊は百春のDFを躱し、茂吉のブロックを押し切ってダンク! クズ校は点を取られたうえにDFファウル。 八熊にワンスローを与えてしまいました。 幸いにも、繊細さに欠ける八熊はF.Tを外し、追加点はならず。 ここで次 ...

no image

2019/9/8

あひるの空が面白い!名言が心に響いて泣けてくる件

身長149cm―――。 これが何を意味するのか、バスケットボール経験者、もしくは少しでもバスケを知っている人ならわかるでしょう。 頭上を通る敵のパス。 リングまでの単純な距離。 攻守ともにそのハンデは大きいものです。 挫折も成功も生きるうえでの醍醐味ですが、それらをこのバスケを通じてまざまざと感じさせてくれるのがこの「あひるの空」なのです。 この作品では、心を揺さぶる言葉たちが随所に現れます。 それは『あひるの空』の面白さを際立たせるスパイスのようなものとなっています。 ここではそんな珠玉の名言の数々を、 ...

© 2021 まんがプラネット Powered by AFFINGER5