TL

今日も殺せずに愛し合うだけ。3話ネタバレ|車内での絶頂の後は…

今日も殺せずに愛し合うだけ。ネタバレ

毎回予想を超えたエッチなシーン満載の『今日も殺せずに愛し合うだけ。』3話のネタバレと感想です。

 

前回の話でゆき乃は皓大こうだいから激しく身体を求められ、隙をついて任務遂行するつもりも全くできずに朝を迎えてしまいました。

その翌日、なんとプロポーズされてしまったところで第2話が終わりました。

続きはどうなったのでしょうか。

 

PayPayボーナスがもらえるのはebookjapanイーブックジャパン
イーブックジャパン

 

今日も殺せずに愛し合うだけ3話ネタバレ

突然のプロポーズ

いきなりのプロポーズにゆき乃は思わず呆然としてしまい、理由を尋ねると皓大はゆき乃を好きになってしまい一線を越えてしまったからと答えました。

皓大の顔を見るだけで緊張してしまうゆき乃は「返事を少し待ってほしい」と告げるとこれまでの自分の生い立ちを振り返ります。

 

幼くして雑木林に捨てられていたゆき乃は、“暗殺”を生業としている若夫婦に実の子のように可愛がられながら育ちます。

そして夫婦から暗殺のイロハを叩き込まれてきたのでした。

夫婦に恩義を感じているゆき乃は“殺し屋”としての功績をあげて義両親に恩返しをしたいと思っており、標的である人物と結婚などできるわけがないと思っていました。

しかし電話で母親に(結婚しなければならない)事情を話すと、嬉しそうに両親揃って結婚に賛成しています。

更には依頼主まで結婚に賛成しているので、ゆき乃はいずれ消す相手と結婚なんて冗談ではないと思うのでした。

 

任務遂行を進めるも、再び…!

退社時間を迎えたゆき乃は皓大と車に乗りこみ出発します。

実は車に爆薬を積んでいて送り届ける途中、車を爆発させる作戦を立てていました。

 

すると皓大はタヌキが横切ったのが見えた、とキューブレーキをかけたので、ゆき乃が皓大の下半身に顔を埋める形で倒れ込みました。

身体を起こそうとするとなんと!皓大のアレがズボンの中で勃っており、ズボン越しにゆき乃の頬に当たります。

驚くゆき乃に皓大はゆき乃が誘ってきたように言うとズボンのチャックを下ろし、興奮した表情で自分のアレをゆき乃の目の前へ出してきました。

 

ゆき乃は少しためらったものの抵抗できず皓大のモノを舐め始め、皓大の恍惚の表情を見ると何でもしてあげたくなる気持ちになります。

そして皓大はゆき乃を後部座席の方へ誘い、皓大が横になると馬乗りになったゆき乃は自ら腰を動かし始めます。

 

殺害計画が台無しだと思うゆき乃でしたが目の前の快感に抗えず乱れはじめ、皓大が覆いかぶさって突き始めるとさらなる快楽に溺れます。

自分が突くたびにゆき乃の膣が歓迎してくれていると皓大は告げると、2人は車内でイってしまうのでした。

 

度重なる作戦の原因

行為後、ゆき乃は作戦が失敗してしまった原因として皓大のラッキースケベ体質にあると確信を持ちます。

これまでの作戦失敗時、毎回起きたエッチなアクシデントを思い出したゆき乃は、標的を仕留めるのは“長期戦”だと覚悟し皓大と結婚することにしたのでした。

 

結婚式を終えた夜、“初夜”だと可愛らしく喜ぶ皓大を見たゆき乃は、(殺害の)任務はまたの機会にすると決め、その夜は何もせず皓大を受け入れます。

ベッドで眠るゆき乃の傍らで皓大はスマホで誰かと電話で話していました。

計画は完璧だと告げた上でゆき乃の顔に優しく触れると

 

ゆき乃は自分に落ちている

 

と不敵な笑みをこぼしながら、電話の相手にそう答えたのでした。。

 

オススメ電子書籍 Best3 ↓
電子書籍名特 典
イーブックジャパン50%OFFクーポン
 (500円まで)
PayPayボーナス還元
ブックライブ!
BookLive!
50%OFFクーポン
 (10冊まで)
毎日もらえる割引クーポン
コミック.jp
30日間無料お試し
無料クーポン1350円分がもらえる

 

今日も殺せずに愛し合うだけ。3話の感想

今回は1話冒頭につながる内容でした。

ゆき乃が結婚を考えた理由がまさか皓大の“ラッキースケベ体質”が原因だったとは。

それは本当に信じていいのでしょうか?(^o^;)

確かにこれまでのラッキースケベはゆき乃が任務遂行させようとしていた時に起こっており、うまい具合に辻褄も合うのでいいとは思いますが、なかなか面白い展開です。

最後の電話の相手が誰なのか、これからゆき乃をどうする気なのか?

次回が気になる展開になってきました。

 

PayPayボーナスがもらえるのは ebookjapanイーブックジャパン
イーブックジャパン

 

-TL
-

© 2021 まんがプラネット Powered by AFFINGER5