BL

【5人の王】24話ネタバレと感想!アージェントを想い、手を伸ばした先には

投稿日:

5人の王24話のネタバレと感想

前話(23話)までの『5人の王』あらすじは、、

キスを繰り返したあとで、青の王であるアージェントに「遊びだ」と言われ、傷ついた緑の王セージ。

また、王宮を抜け出して来たソーサラーを青の王が甘やかすところを見て、嫉妬に苦しみます。

 

『王になど なりたくなかった。孤独だということを余計に思い知るだけだ』

 

すっかり落ち込んで部屋へと戻るセージを待っていたのは、側近のグリニッジ。

青の王に弄ばれていると知りながら、彼を慕う気持ちを止められないセージは、制御できない自分の感情に慄きます。

見上げたグリニッジの深い青い目を、青の王の目と重ねたセージは手を伸ばして懇願します。

 

置いていかないで…」

 

そうして唇を重ねた二人。

そんな衝撃的なコマで『5人の王』23話は終わっていました。

 

ええっ、どうなるの!?

まさか、まさかだよね…?

 

と、疑心暗鬼になりながらこの最新話を待っていた方もいるのではないでしょうか。

 

☆『5人の王』単行本をお得に読もう ↓↓↓↓↓

U-NEXT31日無料トライアルのポイントで、1冊分が実質600円引きで読める
eBookJapan無料会員登録すると、半額クーポンがもらえてポイント還元もスゴい

>>おすすめ電子書籍サイト3選を徹底比較!あなたに合ったサイトはどれ?

☆これらの電子書籍は無料お試しの期間内で解約しても、違約金もかからない解約もカンタン 😉

 

『5人の王』24話ネタバレと感想

胸にはっきりと浮かび上がった緑のティンクチャー

『5人の王』24話の冒頭、しっとりとした雰囲気のなか、セージは誰かの腕のなかで目を覚まします。

もちろん、裸です

 

人肌に驚いたのか、飛び起きたセージが目にしたのは、緑の羽のティンクチャーを胸に浮き上がらせたグリニッジでした。

 

宮殿に仕える侍従は、王の命令に背けません。

拒否権のないグリニッジを慰みものにしてしまった…。

自分のしたことを悔いたセージは謝罪しますが、当のグリニッジは「緑の宮殿の者になら、好きなようにされてかまいません」とあっさりした反応。

 

しかし、他の宮殿の者へは手を出さないように約束させました。

すぐに頷いたセージに、グリニッジはもうひとつだけ注意をします。

それは『他の王とは交わってはいけない』ということ。

 

王同士が抱き合えば死が待っている、それがオーアの掟です。

治める者がいなければ国は荒れます。

先代の緑の王が身罷ってからそれほど経っていないでしょうが、西方はシェブロンのなかでも貧しい土地。

民の為にも、またセージの為にも、過ちを犯させるわけにはいかないのでしょう。

 

「もしもあなたが自ら死を選ぶのなら、私が相手を殺します」

グリニッジの峻烈な忠誠を目の当たりにしたセージ。

ですが、救いを求めるようにこう呟きます。

 

「―――だけど、俺。青の王のことが好きなんです……」

そんなセージに、グリニッジは「―――あなたを信じています」とだけ告げるのでした。

 

民の反乱を収束しようと『神の力』を使うセージ。しかしその代償は……

一夜が明けて、セージは街を見下ろせる丘でまだ頭を悩ませていました。

自らの寂しさを埋めるためにグリニッジを緑の女にしてしまったことが、尾を引いています。

そこへ、無邪気に抱きつくソーサラー。

セージがソーサラーと街を眺めていると、もうもうと立ち上がる黒煙を目にします。

 

火はあちこちから出ています。

それがどうやら諸侯の屋敷ばかりであることを確認したセージは、ソーサラーにシアンへの言伝を頼んで走り出します。

 

暴徒が通るであろう道を予想したセージは、うまく彼らと鉢合わせしますが、雰囲気は想像以上に険悪です。

疫病の蔓延している西方。

暴徒たちの狙いが、諸侯が買い占めている薬にあると睨んだセージは、シアンが来るまでの時間を稼ごうと話を続けます。

 

兵を組織し、街を守っている諸侯がいなくなれば、他の領土から攻め入られてしまうこと。

薬は緑の宮殿から来た医師が作り続けていて、いずれ街の診療所にも配られること。

西方の民のために働いている視察団を襲うことの無益さをとうとうと説きますが、彼らは聞く耳を持ちません。

 

仕方なく、セージは手袋を外して緑の王としての印『緑のティンクチャー』を見せます。

怯む暴徒達に、自分を人質にとっても構わないから手を出さないで欲しいと訴えました。

しかしそこへ、伝達に走らせたはずのソーサラーがやって来ます。

ソーサラーはシアンへ伝言することなく、戻ってきてしまったのです。

 

確かに、記憶が幼児の頃まで退行しているソーサラーに、理解できるような伝言ではなかったかも知れません。

焦るセージですが、背後から殴られて地面へと倒れてしまいます。

話をしただけではどうにもならないと判断したセージ。

人を操ることのできる『声』を使うしかないと覚悟しました。

 

ですが、暴徒は一人二人ではありません。

もっと大きな力が必要と判断したセージは、神の血を引くソーサラーの指を噛むと、その血で自らの神の血を高めて大きな力を使います。

 

『すべて忘れろ!』

『二度と反乱を起こそうと考えるな』

大きな『声』に操られた民たちは、ぞろぞろと来た道を引き返します。

しかし、あまりに大きな力を使った為、セージは意識を失ってしまうのでした。

 

ソーサラーのなかに眠っている『ヒソク』

「―――ヒソク」

 

青の王の声に気が付いたセージ。

しかし、目も開けられなければ、体も動かすことができません。

意識だけがある状態です。

 

セージは寝台に寝かされており、そばにはソーサラーもいます。

セージの状態を尋ねる青の王に、ソーサラーが説明しますが、その口調はいつもの子供っぽい話し方ではありませんでした。

 

「この力を使い続ければ、身体がもたなくて死んでしまう……そのことを教えてあげなきゃ」

心配そうにセージを覗き込むソーサラー。

 

「死なせるのが嫌ならそばで止めろ」
「おまえの言うことなら、死ねという命令であっても喜んで従うはずだ」

相変わらず、青の王は歯に衣を着せません。

 

「……そんな風に言わないで。セージを守ってねって、お願いしたでしょう」

そう言いながら、ソーサラーは、セージが動くたびに予知した未来が変わってしまうことを青の王に伝えます。

 

青の王とソーサラーの会話を聞きながら、なぜ青の王以外には『ヒソク』と偽っている自分を、本名である『セージ』と呼ぶのか。

また、雰囲気が違うことにも違和感を覚えるセージ。

 

ソーサラーの口からは、予知した未来では、セージは青の王のことが好きだと言っていたこと。

だから、セージが青の宮殿に行けばすべてがうまくいくと思っていたことが知らされます。

 

セージの身を案じるソーサラーですが、青の王は、これまでのことは弟であるエールとの約束を果たすためのものであり、セージの未来まで背負うつもりはないと言います。

そして、ソーサラーに向かって

「出来の悪い兄を持った報いとはいえ、さすがに同情する」と言うのです。

 

訝しんだセージですが、直後に

「セージはちっとも悪くないもん! 生まれた時からずっと、ヒソクのことを守ってくれたんだから!」と叫ぶソーサラーの言葉で確信します。

 

『ソーサラーの中にヒソクがいる…?!』

死んだはずの妹が、ソーサラーの中で生きていると知ったセージ。

しかし、目覚めることはできないまま。

 

「セージに力を使わせるのはあと一度だけ。そうなるようセージを守って

青の王にヒソクが懇願したところで、24話は終わってしまいました。。

 

☆『5人の王』単行本をお得に読もう ↓↓↓↓↓

U-NEXT31日無料トライアルのポイントで、1冊分600円引きで読める
eBookJapan無料会員登録すると、半額クーポンがもらえてポイント還元もスゴい

>>おすすめ電子書籍サイト3選を徹底比較!あなたに合ったサイトはどれ?

☆これらの電子書籍は無料お試しの期間内で解約しても、違約金もかからない解約もカンタン 😉

 

『5人の王』24話の感想を熱く語る!


えええええっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)

 

と叫ばずにはいられませんでしたね。

最初から最後までハラハラしっぱなしでした。

衝撃的で目まぐるしい展開に、読者である私の思考と気持ちが追い付かない感じでした。

 

そもそも、グリニッジとどうなるの!?という終わり方だった前話から、ずっとドキドキしていたのに……。

24話早々に、グリニッジとセージが抱き合ってしまったことがわかり、セージと青の王が結ばれることを祈っている私としては大変にショックを受けました。。

 

しかし、描かれたグリニッジの色っぽいこと…!

『5人の王』は絵面がとても綺麗で素敵ですが、こういうダークな雰囲気であってもその美しさは失われないのですね。

緑の羽のティンクチャーを胸に浮かべたグリニッジを見て、不覚にも胸が高鳴ってしまいました。

 

そしてなんと言っても、ソーサラーの中にセージの妹であるヒソクがいたこと!

これが本当に衝撃的で、ですが今まで不思議に思っていたことがすとんと腑に落ちるような感覚でした。

 

黒の女であったソーサラーを青の王が引き取ったときは、彼女を不憫に思うセージを気遣ったのかと思いましたが、いまいち納得できませんでした。

でも、すべてはヒソクの指示だったのですね。

 

セージが最初に民に襲われたとき、絶妙のタイミングで青の王が助けに来たことも、ヒソクの予知があったからと思えば頷けます。

 

気になったのは、力を使って倒れたセージを気遣いながらも、どこか以前より突き放した印象のある青の王の言葉です。

彼は、心のどこかではセージのことが好きなのでは?と思っていたのですが……。

 

ヒソクと青の王の会話は、まだ続くのでしょうか。

それとも、セージの意識がここで途切れてしまうのか。

どちらにせよ、これを知ったセージがそのままにしておくとは考えられません。

次話、セージがどういう行動を取るのか、わくわくしますがハラハラもしますね。

楽しみに、次を待ちたいと思います。

 

新刊も実質無料で読める!オトクな電子書籍はこれ!

「無料お試し版じゃ物足りない~」
「新刊だっておトクに読みたい~」
「スマホの中に満足する本棚が欲しい~」

そう身悶えしている貴方に朗報です。

そのイライラを解消する新しい方法があります。

それは、

  1. U-NEXT(ユーネクスト)無料トライアルを31日間体験してみる
  2. music.jp(ミュージック.ジェーピー)30日無料お試し登録をしてみる
  3. eBookJapan(イーブックジャパン)半額クーポンをゲットする

という3つの方法です!

U-NEXT
(ユーネクスト)
music.jp
(ミュージック.ジェーピー)
eBookJapan
(イーブックジャパン)
無料体験
期間
31日間30日間
(※キャンペーン利用時)
永年無料
無料期間
ポイント
付与額
600ポイント2,461ポイント
(書籍&音楽:961P
(動画:1,500P)
初回半額クーポン
(500円まで)
月額料金
(税抜)
1,990円500円、1,000円
1780円コース
無し(0円)
漫画
掲載数
16万冊17万50万冊
※昭和の漫画多数
無料作品数70誌以上雑誌読み放題1,000作品以上2,000作品以上
購入方法毎月1,200ポイント付与
(ポイント不足時は別途ポイント購入)
都度購入、または月額コースのポイント都度購入
おすすめの
機能
☆映画やドラマ、雑誌の見放題
☆ムフフな漫画や映画も見放題あり
☆購入額の40%はポイントバック
音楽のダウンロードもポイント利用可
☆ボーナスポイント、初回入会キャンペーンあり
☆背表紙ギャラリーの美しい本棚機能
ソフトバンク、ワイモバイルユーザーには特にポイント還元がすごい

ポイント使用後の中途解約もカンタン!違約金もなく完全に0円です!

まずは、無料お試しを体験してみませんか?↓↓↓

 

☆じっくり比較したい方はこちら☆
>>おすすめ電子書籍サイト3選を徹底比較!あなたに合ったサイトはどれ?

Copyright© まんがプラネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.