少年漫画ネタバレ

ワンパンマン漫画149話の感想とネタバレ!オロチとの頂上対決で怪人協会編は終了か?(最新話107撃)

ワンパンマンの感想とネタバレ

前回はクロビカリとサイタマのワンパン合戦!

敵を一撃で粉砕して久々にすっきりした所で、次はタツマキとギョロギョロの超能力頂上合戦になりました。

目が離せない戦いが続く中、怪人協会とヒーロー協会の戦いの行方は?

 

ワンパンマン漫画149話ネタバレ(最新話)

ギョロギョロによって瓦礫の塊に包まれたタツマキ

ギョロギョロが

「ぬぅうううっ」

と手を広げて力を入れると、それが収束して小さな球状に縮まっていきます。

 

しかし『バシュウウウウウ』との音と共に瓦礫は四散し

「その程度?」

とタツマキが涼しい顔で出てきました!


逆にタツマキが人差し指で軽く光る物体を操作すると、光の衝撃波がギョロギョロのバリアを突き抜け、肩にダメージを与えます!

(チッ このままでは分が悪いようだ)

と焦るギョロギョロ。

 

「ならばこちらも出し惜しみはしない真の力で戦うとしよう!」

と言い、ギョロギョロは巨大化!!

そして勝ち誇ったように

「各上の超能力者と会うのは初めてか? まぁ楽しむといい」

と言ったのです。

 

そしてギョロギョロは、重力超激浪という、300倍に重力が膨れ上がる圧でタマツキを攻撃するも、これまた当の本人は

「さすがは各上ね、良い感じだわ」
「もうちょっと右肩ぐっと押してくれる?最近枕を変えたら肩が凝るのよねー」

と涼しい顔です。

 

それを見て焦ったギョロギョロは、

「おぉおのぉれぇええぬぬぬヌヌ」

と更に手に力を入れ、超能力を操作!

 

対し、タツマキが「ギンっ」と目に力を入れると

ギョロギョロの体は、細切れに引きちぎられていきます。

そして、ギョロギョロの体は血まみれ。
バラバラになってしまいました。

 

(この女、目の前にすると想定を遥かに超える超能力者だ!)

とバラバラになりながら焦るギョロギョロ。

「何もこんな残酷な殺し方をしなくてもいいじゃないか。意地が悪いなあ、、」

と細切れになった状態でタツマキにぼやきます(;^_^A

それに対しタツマキは

「痛みも感じないただの肉人形が何言ってんのよ、本体引きずり出してあげる」

とすべてお見通しのようです。

 

敵わないと悟ったギョロギョロは

ロチ様ああああ 助けて下さいいいい」

と大声で助けを呼びました!

タツマキの方は「そういえばそんなのいるって誰かが言ってたっけ?」とひょうひょうとした様子です。

その「オロチ様」とやらを待ちますが誰もやって来ません。

 

私の危機より優先する程の強敵と闘っているのか、、とギョロギョロは焦りながら、

「落ち着いて話し合ってみないか?」

と時間稼ぎをしています。

 

 

別の場所では、サイタマが何かを見下ろしています。

見ていた先から現れたのはオロチ!

幾重もの龍の頭を振り乱しながら炎を吐き、サイタマと向かい合います。

 

その様子を見てサイタマは、

「二人組の全裸男、犬、猫、次は何かと思ったら…いよいよワケわからんものが出て来たな…何で俺んちの地下にこんな奴が住んでんだ」

とポツリ。

それに対しオロチは

「どこから紛れ込んだかは知らんが、、無視していいゴミではなさそうだな…」

と言って、戦闘態勢に入りました!

ワンパンマン原作漫画149話のここが面白い!

まさかのサイタマ連戦!

圧倒的な力を持つサイタマが、敵の実質的なボスであるオロチと出会ってしまいました。

オロチは巨大で強そうですが、それ以上にサイタマが負ける気がしません。

ただの散歩気分でマイペースのサイタマですが、果たして戦いの行方はどうなるのでしょうか?

タツマキの圧倒的な力が清々しい!

今回はギョロギョロとタツマキの超能力対決かと思われましたが、圧倒的なタツマキの勝利でした。

強いだけではなく敵の本体まで見抜いており、いつかタツマキの全力を見てみたいものです。

 

ワンパンマン漫画149話の感想と考察

今回はギョロギョロとタツマキの超能力対決かと思いましたが、対決と思えない位の圧倒的なタツマキの勝利でした。

感想としては、クロビカリやサイタマと言い、ヒーロー協会の上位陣の戦いには恐ろしい安定感がありますよね。

 

ギョロギョロがオロチを呼んだのに来ないのは何故かと思ったら、まさかのサイタマ対オロチの遭遇だったのには驚きました。

参謀のギョロギョロとトップのオロチを倒したら、怪人協会編終了?

と思った人も多かったのではないでしょうか?

 

次回ワンパンマン150話は期待のサイタマ対オロチです。

怪人協会幹部がほとんど残っている中、この後どうまとめて行くのか?

と思いつつ、とりあえずこの戦いを楽しみにしていきたいと思います 😉 。

 

-少年漫画ネタバレ
-

© 2021 まんがプラネット Powered by AFFINGER5