TL

獣人さんとお花ちゃん6話ネタバレと感想|ベッドの上でねだる花にサナティは

獣人さんとお花ちゃんのネタバレ

花とサナティの愛のシーンの絶頂の前に、いいところで終わってしまった前回の『獣人さんとお花ちゃん』。

獣人さんとお花ちゃん5話ネタバレと感想|サナティの指使いで溢れる花の欲情!

 

今回の6話の続きを待ちに待っていた読者は私だけでは無いハズ!

ネタバレと感想を熱く語ります!

 

2巻で完結!この傑作はコミックで読もう!
電子書籍版のみの描き下ろしは必見!(7話までは1巻に収録されています)

ebookjapanイーブックジャパン月額料金0円!お得な割引クーポンやPayPay残高還元がスゴい!
BookLive!ブックライブ月額料金050%OFFクーポンや毎日引けるクーポンガチャハズレ無し!

>>ebookjapanのココが凄い!PayPayボーナスがこんなに戻ってくる!

獣人さんとお花ちゃん6話のネタバレ

サナティをねだる花

サナティのモノが中にほしい

とねだる花でしたが、サナティは花のカラダを持ち上げると、股の間に熱くはりさけそうな自分自身を後ろからねじ込むように挿入します。

しっかりはさみこめ

と、花のアソコとサナティの固いモノが熱く擦れます。

サナティのモノはすごいほどに脈打ってピクピクし、花のカラダの中も奥が疼いて仕方がないのにサナティは花の中には入ろうとはしません。

挿れてくださ…と声にならない声で我慢できない花は再度、サナティにねだります。

 

吐息が震えるほど余裕なく、花のカラダを愛撫する手は止まらないサナティは、

獣人のこんなモノ、人間に挿れるもんじゃない…
花の気持ちに中途半端にしか答えられないヤツのカタチなんておぼえなくていい…

と嘆きました。

 

落ち込む暇もなくカラダを揺さぶり続けるサナティのモノが花のクリトリスを強く刺激し、花のイヤらしい音が余計に響く中、花はサナティと共に絶頂を迎えました。

カラダも心も繋がりたいのに……

サナティに抱きしめられても、花が本当に求めるものは手の中にないのです。

 

[st-kaiwa5]今回のムフフ❤のシーンもスゴかった!永久保存版イーブックジャパン で読もう![/st-kaiwa5]

学び舎のこれからに苦悩する花

次の日、花が学び舎に出勤すると生徒がまた1人減っていました。

こちらも軌道に乗るにはまだまだ時間がかかりそうです。

なんとかして学び舎に子供たちを増やしたい花は、来ていない子供たちの親に直接会いに行けないだろうかとサナティに相談しました。

 

人間にいい印象を持っていない獣人の大人を過度に刺激することになってしまうのでやめたほうがいいとサナティは助言します。

それは、獣人と人間との距離を縮めたくて獣人たちの暮らしに溶け込もうとしている花の行動を、サナティはとても理解し尊重するからこそ、怪我なく慎重に一歩ずつプロセスを踏んでほしいと願っているのです。

自分をもっと大事にしろ…そこにサナティの優しさを感じ取った花はそれ以上、何も言えなくなってしまいました。

 

サナティが言うように花が1人で町中を歩いていると、じっと見られたりコソコソ話す声が聞こえ奇異の目ばかりですが、だからといって隅でひっそりなんてしてられません。

そんな時、学び舎で子供たちと外でピアノを弾いて歌ってみようと思い立った花。

電子ピアノをも知らず、歌も聴いたことなかった子供たちも花の歌ったあとに続いて真似をします。

ピアノの音に合わせて歌う子供たちの楽しそうで大きな歌声は、そよ風に乗って町中のいろんなところまで届けられることとなりました。

 

そんな中、獣人保護局から連絡があり、学び舎の子供たちの人数が減少傾向だということで、不信感が増しこのままの状態が続くようであれば中断も視野に入れるということでした。

その決定まであと1週間だと期限を言い渡されてしまった花。

就任から毎日頑張ってきて、その成果が出るまでには時間が1番欲しいところなのに、、この通告は堪えます。

 

なぜうまく行かないのだろうかと、ショックにくれる花。

1人で抱え切れる問題じゃないからとサナティに促された花は、自分がひとりでこの問題と向き合っていたのかとハッとしました。

サナティは花を好きで側にいるわけじゃなく、警備隊として一緒に住んで守ってもらっているにすぎない…
中途半端にしか花の気持ちにも応えられないと言われたばかりだったのも思い出し、一気に涙が止まらなくなる花。

 

仕事のことで甘えすぎて申し訳ない……という気持ちとぐちゃぐちゃになってしまった花はたまらず外の風にあたりに出ます。

花の態度にため息をつくサナティ。

花をひとりにさせるつもりもない、壁の外に帰らせるつもりもない…わかってるんだこんな気持ち…

ずっと曖昧に避けてただけだ…

 

獣人が人間に恋してるなんて。。。

 

 

2巻で完結!この傑作はコミックで読もう!
電子書籍版のみの描き下ろしは必見!(7話までは1巻に収録されています)

ebookjapanイーブックジャパン月額料金0円!お得な割引クーポンやPayPay残高還元がスゴい!
BookLive!ブックライブ月額料金050%OFFクーポンや毎日引けるクーポンガチャハズレ無し!

>>ebookjapanのココが凄い!PayPayボーナスがこんなに戻ってくる!

獣人さんとお花ちゃん6話の感想

サナティのことが好きなのに全部を受け入れてもらえない花ちゃんのもどかしさは本当に胸がぎゅっとなりますね。

手を伸ばせばそこにサナティがいるのに〜〜〜

サナティも何を気にしているの!男でしょ!!って思わず言いたくなってしまいました。

でもサナティのちょっとしたしぐさが花ちゃんのことを大事に思っているのがすごくわかるシーンもあって憎みきれないんですよね…

花ちゃんにまた笑顔が戻るといいな。

 

全話ネタバレはコチラ
>獣人さんとお花ちゃん全話ネタバレまとめ

ABOUT ME
くるみ
本好きマンガ好きのライターさん達と一緒に楽しく運営しています。