少年漫画ネタバレ

デビルズライン13巻ネタバレと感想!遂に本編最終回!みんなの想いは、、

更新日:

デビルズラインのネタバレと感想

前作では、神崎(クイーン)や石丸、菊原と白勢の過去があかされました。
政府の中で昔から暗躍する者や、鬼に対する思惑、そして、鬼に対する世間の批判が強くなる中で、クイーン隊によるクーデターが始まったのです。

菊原と対峙する安斎、その場所に向かうゼロナナとゼロキューの思いは、菊原につたわるのでしょうか?
そして、つかさは白勢から、政府の思惑や今までの動き、クイーン隊によるクーデターの全貌があかされます。

つかさや安斎、二人に関わってきた者達の未来は…!?
人と鬼の思いが織りなすダークファンタジー、堂々の本編完結です!!

 

☆ネタバレよりも お得に漫画を読みたい方はこちら ↓↓↓↓↓

U-NEXT31日無料トライアルのポイントで、1冊分が実質たったの48円で読める
music.jp30日無料お試し登録のポイントで、2冊分実質無料で読める
ebookjapan無料会員登録すると、半額クーポンで読めてポイント還元もスゴい

>>おすすめ電子書籍サイト3選を徹底比較!あなたに合ったサイトはどれ?

これらの電子書籍は無料お試しの期間内で解約しても、違約金もかからないし解約もカンタンなので気軽に試してみることができますよ 😉

 

デビルズライン13巻のネタバレ

Line.63 クーデター

首相官邸に立てこもったクイーン隊は、職員の人質と「池袋事件」をたてにして、政府に4つの要求を出します。

  1. 最近に成立した、鬼関連の法を完全撤廃すること。
  2. 鬼の行動指針を廃止して、我々と共に作り直すこと。
  3. 鬼狩りから鬼を守るために、日本各地に鬼の保護地区をつくること。
  4. 鬼が社会で安全に暮らせるよう、総理から、鬼とヒトが平等に「人間」であることを、宣言すること。

最後にクイーンは、こう言いました。
「私の名はクイーン、私の部隊は、ヒトと鬼とで編成した「人間」の部隊だ。」

クイーンの要求を聞いた、国会議事堂の閣議室に集まった面々は、ざわつき、責任を擦り付け合ったりする中で、臨時総理で厚生大臣の祖父江だけは、冷静に意見を返したりしていますが、周りの官僚達は耳を貸しません。

その頃、安斎は菊原と対峙していました。
安斎は幼い頃、菊原によって植え付けられた恐怖を、一連の記憶と共に蓋をしましたが、その蓋が開いた今は、色々と考え思います。

「俺は、自分に起きたことを、全て思い出した、それが苦難でも、全部、俺のものだった」(安斎)

過去に安斎 環と面談したことを、思い出す菊原。

何も話したくない、という環に、復讐を果たして、希望の光を感じたか、と聞きます。

「復讐は後悔していないが、希望など感じない、あなたの状況は知らないが、救いがあるといい」と応える環。
菊原は「聖人の言葉を聴きに来たのではない、俺と同じ場所に降りてこい」と言いました。

その菊原と同じ場所に降りて来たのは、環ではなく、環の息子でもある幼い頃の安斎でした。

これで少しは対等に話ができるか?と聞く安斎に、お前に何がわかる、自分はいつでも闇の中を生きてきた、と菊原は言います。

闇を捨てろと言っているわけじゃない、お前には新しい夜明けがある、お前はきっと愛されている。

安斎の言葉が終わると同時に、安斎の後ろにある建物に駆けつけるゼロナナとゼロキュー。

切なさの混じった複雑な表情を浮かべるゼロナナに、菊原は銃口を向け、引鉄を引きます。
安斎の「伏せろ」という言葉は間に合わず、銃弾はゼロナナの頬を掠めました。

「バカが……」と怒る安斎は、変異が始まっているのでした。

一方、つかさは白勢にハンスの配信動画を見せられ、彼の役割とクイーンや自分達の目的を説明されます。

そして、つかさは「これから何が起きるのか、全て教えてください」と白勢に言うのでした。

Line.64 シックス

お前を殴る、と怒る安斎に菊原は、お前は何様だ、と言い返します。

「ゼロナナは母である優鶴と同じだ、顔も見たくない」と菊原は言います。

すると安斎は、「なんで優鶴の時のように殺さない、以前もゼロナナではなく自分の方を撃った、それでも即死を狙ってはいなかった、お前は自分達を嫌っていながら、殺せないのは、何か言いたいことがあるのではないか」と銃を持つ菊原に近づきながら言うのです。

「言いたいことがあったんじゃないのか。本人にはもう伝わらないが…。優鶴に何を言いたかった?」(安斎)

(母さん、あんたが俺にしていたことは虐待だ)(菊原)

安斎の言葉は、菊原には響きませんでした。

2人が話していると、政府直属の暗殺部隊で、旧CCCを全員処分するために新設された”公安第六課”に包囲されます。
居合わせた安斎も、秘密保持のために殺されそうになります。

その頃、国会内では臨時総理による記者会見が始まりました。
クイーンたちの要求を受けることを話し、「池袋事件」のことを話そうとすると、暗殺されてしまいます。

しかし暗殺されることを想定し「池袋事件」の真相を全て打ち明けたICレコーダーを、再生していました。
それによって「池袋事件」を仕組んだのは、政府だということが世間に知れ渡ったのです。

公安六課によってクイーン、白瀬が狙撃され、そして菊原も安斎の目の前で撃たれてしまいます。
安斎が、菊原に銃口を向け「俺はお前を、受け入れる」と言った時に…

 

Line.65 フーアーウィー

銃弾が片目を掠めた菊原は、安斎の言葉に対し「好きにしろ。俺も好きに生きる」と言い姿を消します。

一方、体を撃ち貫かれた白勢に、採血キットを使うつかさ。
しかし白勢は、「ReMIなので血液では回復しない」とつかさに言います。

しかしそれでも体質は変わるかもしれないと言い、つかさは採血キットを使用したのです。

クイーンたちが失敗したと知ったハンスは、任されたネット配信を辞めることに。

居場所が欲しくて協力していたハンスですが、役割が居場所を保証してくれるわけではないと気付いたのです。

「だって俺は、ここで役割をこなしてみたけど、ここが本当の居場所だって感じはしてない」(李ハンス)

ハンスは自分の言葉を最後に残して、帰りたいと思う場所に、帰ることにしたのでした。

 

半年後の世間は、鬼を差別することを訴える団体と、反対に、鬼への差別撤廃を訴える団体との2派ができていました。。

 

Line.66 デビルズライン

つかさに連絡したゼロナナとゼロキューは、菊原の居場所が見つかったかもしれない、と青森へ。

幼少期の菊原が世話になった人が青森にいると知り、行ってみることにしたのです。

「会ってどうするかは決めてないけど、ただ顔が見たい」とゼロナナは言います。
「菊原を連れて帰るのは難しいかもしれないが、必ず罪を償うために戻ってくる」とゼロナナは石丸に伝えました。

石丸らを見送ったつかさは、加賀崎に会います。
加賀崎は「牛尾への気持ちに区切りをつけて、前に進んでいく」とつかさに言いました。

一方、公安六課に狙撃され、重傷を負っていたクイーンは、Dr.エリタによって救われていました。

回復したクイーンは、日本を離れアフリカに行くことにします。
アフリカにいるという、新生ReMIを守る、それが自分の生き方だと言いました。

戦いは終わらない、国内でも、国外でもね」(神崎(クイーン)

安斎みどりの提案は、「ハイブリッド計画」の見直しを検討すべきということ。
再来春からは、新しい風を入れることも決まった、と言いました。

白勢はつかさの血を飲んだおかげで回復して、もうReMIではなくなった、と言います。
ジルと沢崎も恋人としての関係をスタートさせ、麻夕はついに整形を決意して、牧村ともうまくやっています。

 

BARサカキに集まりクリスマスパーティーをするつかさたち。
そこには、ハンスや加納、柳夫妻などが揃っていました。

柳の息子と遊んでいる安斎を見たつかさは、今度香川来ない?と実家に誘いました。
行ってもいいなら…と戸惑う安斎に、笑顔で返事をするつかさ。

安斎はつかさとキスを交わし、仕事へと向かって行きます。

変わり続ける、この闇と光の混沌の中で、俺たちは生きていく

(完)

 

☆ネタバレよりも お得に漫画を読みたい方はこちら ↓↓↓↓↓

U-NEXT31日無料トライアルのポイントで、1冊分が実質たったの48円で読める
music.jp30日無料お試し登録のポイントで、2冊分実質無料で読める
ebookjapan無料会員登録すると、半額クーポンで読めてポイント還元もスゴい

>>おすすめ電子書籍サイト3選を徹底比較!あなたに合ったサイトはどれ?

これらの電子書籍は無料お試しの期間内で解約しても、違約金もかからないし解約もカンタンなので気軽に試してみることができますよ 😉

デビルズライン13巻の感想

前巻までは恋愛色が強めでしたが、今巻はシリアスなお話が多めでしたね。

クーデターや祖父江の証言によって、世間の考えが少しずつ変わっていて、でも変わっていない考えもあって、それが最後の「闇と光の混沌」という表現なのかもしれません。

クイーン、白勢を筆頭に、LGBTの話題も沢山入っていたと思います。
なによりも、つかさと安斎がこれからどう進んでいくのか気になりました~。

鬼についても、謎なままが多くて、気になることが多いですし、環と安斎が会うことはできるのか、とか、ハンスはどう生まれて育ったのかとか、ゼロナナ達は菊原を見つけることができたのか、とか気になることが多いです。

次回から、番外編が始まるとのことですので、番外編で何が語られるのか、期待しています!!

 

でも、、もう少し続くと思っていました。。。

 

新刊も実質無料で読める!オトクな電子書籍はこれ!

「無料お試し版じゃ物足りない~」
「新刊だっておトクに読みたい~」
「スマホの中に満足する本棚が欲しい~」

そう身悶えしている貴方に朗報です。

そのイライラを解消する新しい方法があります。

それは、

  1. U-NEXT(ユーネクスト)無料トライアルを31日間体験してみる
  2. music.jp(ミュージック.ジェーピー)30日無料お試し登録をしてみる
  3. ebookjapan(イーブックジャパン)半額クーポンをゲットする

という3つの方法です!

U-NEXT
(ユーネクスト)
music.jp
(ミュージック.ジェーピー)
ebookjapan
(イーブックジャパン)
無料体験
期間
31日間30日間
(※キャンペーン利用時)
永年無料
無料期間
ポイント
付与額
600ポイント1,600ポイント
(書籍&音楽:600P
(動画:1,000P)
初回半額クーポン
(500円まで)
月額料金
(税抜)
1,990円500円、1,000円
1780円コース
無し(0円)
漫画
掲載数
16万冊17万50万冊
※昭和の漫画多数
無料作品数70誌以上雑誌読み放題1,000作品以上2,000作品以上
購入方法毎月1,200ポイント付与
(ポイント不足時は別途ポイント購入)
都度購入、または月額コースのポイント都度購入
おすすめの
機能
☆映画やドラマ、雑誌の見放題
☆ムフフな漫画や映画も見放題あり
☆購入額の40%はポイントバック
音楽のダウンロードもポイント利用可
☆ボーナスポイント、初回入会キャンペーンあり
☆背表紙ギャラリーの美しい本棚機能
ソフトバンク、ワイモバイルユーザーには特にポイント還元がすごい

ポイント使用後の中途解約もカンタン!違約金もなく完全に0円です!

まずは、無料お試しを体験してみませんか?↓↓↓

 

☆じっくり比較したい方はこちら☆
>>おすすめ電子書籍サイト3選を徹底比較!あなたに合ったサイトはどれ?

Copyright© まんがプラネット , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.